お手紙を書きませんか?♡

みなさん、アロハ~♪

まだまだ風が冷たいですね・・。

来月の「のため通信」の編集で、ヒーヒー言ってますが、今日もブログ更新ですです!!

今日は「郵便制度施行記念日」です!お手紙に関してお話しようと思います!

郵便制度施行記念日

1871年(明治4年)の今日。「郵便規則」が制定され、東京・大阪・京都で郵便業務が開始されました。

それまで、手紙の受け渡しにかかった時間は、伝馬や飛脚の場合、東京~大阪間は6日。

それが、郵便規則が制定されてからは、3日と6時間に短縮されたそうです!すごい!!

理由としては鉄道が日本に入ってきたことも考えられると思われます!

その他、全国各地に現在の郵便局の原型を作るよう奔走した、前島密(まえじまひそか)氏は、「郵便制度の父」として、日本郵便発祥の地とする日本橋郵便局に胸像が飾られているんだそうです。

お手紙

手紙とは、特定の相手宛てに用事を書いた文書のこと。

郵便・人づて・直接渡すなど、様々な形で相手に届く。

現代では「電子メール」も手紙に含まれる考え方の人もいるが、あくまで「紙に書いた文書を手紙とする」という考え方の人も多くいる。

 

ちなみに、中国語では「手紙」と書くとトイレットペーパーや、ティッシュペーパーのことになります(笑)

中国語では「信」が手紙という意味です!

手紙の歴史

手紙は、古代エジプト文明やメソポタミア文明(紀元前1632年ごろ)にはすでに存在していたそうです!

粘土板に、楔形文字を書くというか押し付けて跡をつけて記述していく方法。

(画像:wikipediaより)

 

手紙は、小さな都市国家ではあまり使われず、大きな帝国内での連絡手段として頻繁に使われていたとのこと。

植民地間の情報や、軍事制度の一旦としても大きな役割があったそうですね。

 

日本では「木簡」という木札に用事を書いて、離れた人へ渡すことが行われていたが、平安時代に「紙」が作られるようになると次第に木簡の需要は衰退。荷札には使われたが、手紙として使われることは少なくなったみたいです。

確かに、木簡だとツイッターくらいの用事しか書けませんし、ちょっと不便なところもあるかもです(笑)

(画像:wikipediaより)

 

手紙というのは、日本国内でも海外でも、著名人のものは当時のまま保管されることが多いですよね。戦国武将の手紙とか、博物館にありますし!!

しかし、一般庶民の手紙も当時の日常を詳しく知ることができる貴重な資料ともなるため保管してあるものも多い。

下級武士の手紙とか日記は、本当に面白い!

お手紙・・と言えば?

お手紙と聞いて思いつくのは、みなさんはどんなことですか?

 

 

年始に書く年賀状?

夏休みに書く暑中お見舞い?

学生時代、授業中にクラスで回し読みした小さいお手紙?

ラブレターなんて!!思い出すだけでドキドキしちゃいますね??!!!♡

 

私はですね。

友達同士のお手紙交換が大好きで、中学生のときは携帯電話がなくメールもなかったので、文通をしておりました!

 

あとは、クリスマスにサンタさんに書くお手紙が好きでしたねぇ~。

年齢が上がるにつれて「なんで日本語が読めるんだろうな~」なんて野暮なことを思ってしまいましたが・・(笑)

 

イタリアには、有名なシェイクスピアのお話「ロミオとジュリエット」の舞台になった場所があります。そこにはジュリエットの秘書と呼ばれるボランティアさんたちが、世界中から送られてくる恋の相談の手紙に心を込めてお返事を書いてくれるそうです!

2011年に「ジュリエットからの手紙」という映画があり、話題になったそうですよ!

そのうち観てみようかな~♪

下の画像が「ロミオとジュリエット」の舞台になった場所。手前の銅像は、ジュリエット像です!

 

それと、最近では「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」というアニメが人気があります。

放火事件が痛ましい京都アニメーションの作品です。

 

戦争孤児で「武器」として扱われた少女は、上司である少佐に言われた「愛してる」の意味が理解できなかった。終戦後に郵便局員の代筆員として人と手紙に触れ合いながら、その言葉の意味を探してく物語です。

 

郵便局の代筆員として、依頼主の『相手に伝えたい想い』に触れるうちに、主人公が成長してく言葉や表情の変化が美しい作品だと思います。

この作品を見ると、きっと大事な人に手紙を書きたくなりますよ!

 

鬼滅の刃の合間に・・ぜひ・・(笑)

おわりに・・

私は、この年齢にしては色んな場面で手紙を書くこと好きな人だと思います!

便せんも可愛いと思えば衝動買いも多々・・。

 

中学生の時の将来の夢は、代筆屋、郵便局員、考古学者でした(笑)

 

代筆屋はこのご時世ですし、日本は識字率が高いので、あまり必要ありません・・。

郵便局員は倍率が高くて諦めました。元が公務員だったこともあり、空きもなかなか出ず求人もありませんし・・・。

考古学者は、そもそも大学に進学する脳みそと根性がありませんでした!(笑)

 

 

お手紙は書けば書くほど楽しいなぁと思います!

お手紙って不思議ですよね。書いてる間って、本当に相手のことしか考えないんですよねぇ。

 

受け取って封を開けてる相手の顔とか想像しちゃってニヤニヤしますし、最初の便せん選びからウキウキしちゃいます♡

最近は、日本郵便で芦田愛菜さんと、生見愛瑠さんがお手紙を書いてるCMがやっていて「いいねぇ~♪私にもお手紙来ないかな~・・」なんて思っています!!

 

 

・・・お待ちしてまーす!いつでも受け付けてまーす!(笑)

 

 

それでは、また~♪

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

げんき村ヘルス・プロ
〒 253-0011 茅ヶ崎市菱沼1丁目4-11おざさ医院2階
交通・・・JR辻堂駅北口より赤羽根行きのバス利用15分
松林ケアセンター前下車徒歩1分

●駐車場も完備しておりますので、お車でもお越しいただけます。
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】日・水・土曜日午後・祝祭日

●お問い合わせ電話番号
0467-54-5900
営業時間:9時~18時、定休日:水・日・祝祭日・土曜の午後

●NTA整体
MCC(新型加圧)トレーニング
毛細血管分析
フットケア(月曜日のみ、完全予約制)
メンタルヘルスケア(日時応相談、完全予約制)
波動療法(日時応相談、完全予約制)
メディカルアロマリンパドレナージュ「ESSESS」(完全予約制)
●やすらぎサロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。