あなたの知らない日本の雪と火星の雪

昨日は、寒い寒いと思っていたら関東にも雪が・・!!

雪やこんこん♪
あられらこんこん♪
降っても降っても
まだ降りやまぬ♪

大変なのは、降りやんだ後・・そして溶けかけの雪・・(笑)
皆様、昨日は無事にご帰宅できましたでしょうか?

今朝も凍った道路で、なかなか出勤できない方も多かったのではないでしょうか?
何にせよ、皆様の無事が大事です。
今後も天気を見て、お気をつけてくださいね!!

さて、今回は、そんな雪のお話です!

雪の名前

雪(ゆき・セツ)
大気の水蒸気から生成される氷の結晶が空から落下してくる天気のこと(wiki調べ)
一言で雪と言っても、日本語には雪の名前が多数ある。

粉雪、淡雪、細雪、餅雪、玉雪、綿雪、濡れ雪、締り雪、ざらめ雪、凍り雪などなど。

英語では一言「Snow」でも、感性豊かな日本人にとっては、昔からどれも違って見えたんですね!

空気中に汚れが少ないキレイな雪は、真っ白というよりは青く見えることがあると聞いたことがあります。

さらに、中国や朝鮮半島では「黄砂」が混じった黄色または赤みがかった雪が降ることがあったそうです。これは日本でも観測歴があり、江戸時代の書物に「紅雪」「黄雪」と書かれているそうです。

金平糖みたいな印象の名前がついてて可愛いですね!!

沖縄にも雪が降る?

雪の降る地域は、一般的には北極や南極に近い地域や、山の上などの高地です。
日本の南国地である沖縄県は、北極や南極からは離れている地域のため、めったに降ることはありません。
しかし、気象庁の公式観測記録では過去に3例の沖縄県内での降雪記録が存在します。

1977年2月17日(久米島)
2016年1月24日(久米島)
2016年1月24日(名護市)

いずれも雪というかは「霙-みぞれ-」だったとのこと。
沖縄で雪が見れるなんて、ちょっとロマンチックだな~と思いますが、地球の気候の乱れがあるのかな?と心配でもあります・・・(笑)

積雪量ランキングは日本が独占!

アメリカには「AccuWeather」という民間総合気象情報サービス会社があります。
1962年にスタートし、世界の気候に関する情報をテレビ、ラジオ、新聞、ウェブメディアで発信し続けています。
日本でいえば「ウェザーニューズ」的な情報を届ける、世界的な組織ですね。

そのAccuWeatherが行った調査の中で「人口10万人以上の都市の年間降雪量を世界中で比較する」ということありました。
そして、この調査結果・・なんとトップ3を日本の都市が独占しているとわかります。

  • 第1位・・・青森市(約7.92m)
  • 第2位・・・札幌市(約4.85m)
  • 第3位・・・富山市(約3.63m)
  • 第4位・・・セイント・ジョーンズ(カナダ)(約3.32m)
  • 第5位・・・シラキュース(アメリカ)、ケベック・シティ(カナダ)(約3.14m)

※かっこ内は年間平均降雪量

あくまで、これは人口が10万人を超えている地域の積雪量です。
人口が1万人以下で、これより積雪のある地域ももちろん存在します。

(写真:福島県北部磐梯高原バス停)

 

今後、テレビやスマホのニュースで、積雪の中を通るバスや車を見るたびに
「日本の雪国は大変だな~」と思うより「世界レベルか・・・」と思えるようになりましたね!

雪にまつわる名前がついているもの

●ユキヤナギ(雪柳):バラ科シモツケ族の落葉低木。枝全体に白い小さな花をつける。日本原産の植物。

 

●雪虫:アブラムシの一種で、体長5mmの体に綿がついている。北海道や東北地方では初雪の訪れを告げる風物詩となっている。神奈川でも寒い日の畑や林や森で見ることができました!遊んでいるときに、いつの間にか服にくっついている(笑)

 

●みぞれ鍋:大根おろしを雪に例えた料理(大好き♡)大根おろしに醤油で色づけした「デコ鍋」も流行ってますね!

 

●雪国(カクテル):日本を代表するウォッカベースのショートカクテル。

山形県酒田市でバー・喫茶店ケルン (Kern) を経営していた井山計一が考案し、1959年に発表。第3回ノーメル賞グランプリのグランプリ作品。
北方系の蒸留酒であるウォッカを使用し、グラスの縁は白砂糖をまぶすスノースタイル、全体の色も寒色系に仕上げるといったコンセプトの統一が図られている。

火星にも雪??!!

火星の南極では二酸化炭素の雪(ドライアイス)が降ることがわかっている。
火星の北極でも夏に数時間にわたって二酸化炭素の雪が猛烈な勢いで降っている可能性があるとされる。
雪と言ってもドライアイス・・・やはり人類が住むのは、まだまだ先の事ですね・・。

まとめ

神奈川県は、年に1~2回降れば「今年は降ったね~」なんて言うくらいの降雪量ですが、やはり降ればそれなりにテンションが上がるものですね(笑)

ただ、危険なのは次の日です・・

凍っていたり、べしゃべしゃになっていて滑りやすいので、皆さんご注意ください!

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

げんき村ヘルス・プロ
〒 253-0011 茅ヶ崎市菱沼1丁目4-11おざさ医院2階
交通・・・JR辻堂駅北口より赤羽根行きのバス利用15分
松林ケアセンター前下車徒歩1分

●駐車場も完備しておりますので、お車でもお越しいただけます。
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】日・水・土曜日午後・祝祭日

●お問い合わせ電話番号
0467-54-590
営業時間:9時~18時、定休日:水・日・祝祭日・土曜の午後

●NTA整体
MCC(新型加圧)トレーニング
毛細血管分析
フットケア(月曜日のみ、完全予約制)
メンタルヘルスケア(日時応相談、完全予約制)
波動療法(日時応相談、完全予約制)
メディカルアロマリンパドレナージュ「ESSESS」(完全予約制)
●やすらぎサロン

地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。