毛細血管分析 担当 小笹深幸(おざさ みゆき)ごあいさつ

毛細血管検査(ほか体内有害物質検出検査など)、看護師・ホリスティックコンサルタント・薬膳師の小笹深幸(おざさみゆき)と申します。

毛細血管検査とは

毛細血管は微細な細胞壁を通して直接血流や血液の影響を受けやすく変化がわかりやすいのです。

そのため、毛細血管の形状と血流の状態を知ることで「未病」が認識できます。

「未病」を認識すると早い段階で生活習慣の改善の意識づけの一歩が踏み出せます。

 *「未病」とは

「病気でないが不調を感じる状態」を未病といいます。

具体的には冷え性・便秘・肩こり・頭痛・しびれ・むくみ・肌荒れ・肥満など症状は無数に及びます。

 観察結果事例

正常状態

  

タイプ1

  

タイプ2

  

タイプ3

  

タイプ4

タイプ5

分析・ヘルスケアアドバイス

生活全般を通した習慣(食事の時間や量、内容)(睡眠の時間、質など)(排泄)(その他)・嗜好・仕事・ほか身体の自覚症状・気になる不調・感じるこころの状態なども含め、総合的に今のご自分の「からだ」に意識を向けることから「 ”治る“ わたし」へのヘルスアドバイスをいたします。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。