新型加圧トレーニング担当 小笹望(おざさ のぞむ)ごあいさつ

新型加圧トレーニング担当の小笹望(おざさ のぞむ)と申します。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「病気の原因は低酸素と低体温?!」

病気の原因は低体温と低酸素と言われています。

新型加圧トレーニングでは、たった10分で両方が改善できてしまいます!

血流改善で良くなる6つの良い事とは・・・

  1. 骨折・捻挫・肉ばなれなど、怪我をした所の血流が良くなり、早く改善
  2. 圧迫されている神経の血流が良くなり、神経痛・しびれが改善
  3. 筋肉の血流が良くなり、肩こり・筋肉痛が改善
  4. 関節軟骨の血流が良くなり、ひざ・肘などの関節痛が改善
  5. 全身の血流が良くなり、冷え症が改善
  6. 脳の血流が良くなり、歩行などが安定

RIC 駆血療法とは・・・

腕や脚の血流を一時的に止めることで、その後の血行を改善させます。

最新駆血療法である左右交互RICができる唯一の機器。

腕や脚の血流を一時的に止めたあと開放(駆血と再灌流)することで、その後の血行を改善させます。

専用カフを脚部に巻きつけ加圧。10秒以内にセンサーカフが適正圧を把握し、予め設定した時間内(例;1分・加圧、30秒・除圧、3セット)にRICを行うことで、血行を著しく改善させます。

血行不順で発症する様々な症状に効果があります。

100歳までしっかり歩ける、しっかり支える体作り!

MCトレーニング(低酸素トレーニング)専用の多連カフを脚部または腕部につけ、一定圧で加圧。

スクワット等の運動を行うことにより、1~2分で筋肉は無酸素状態となり、 効果的に速筋に負荷をかけることができます。

短時間(2~3分)で 筋肉を限界まで追い込むことが可能です。

また代謝アップでダイエット効果も期待され、また他のリハビリにも効果を高めます。

血流を制限するため筋肉内には乳酸など代謝産物が流れずに蓄積します。

それを脳が感知し、成長ホルモン等の生理活性物質の分泌が促進されます。

成長ホルモンとは・・・

体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働きです(これを代謝といいます)。

私たちが生きていくためには、体内でエネルギーをつくることが欠かせませんが、成長ホルモンはその過程で大切な役割を担っています。

つまり成長ホルモンは、子どもから大人まで、あらゆる年齢に必要なホルモンなのです。

 

短時間で改善を目指す「新型加圧トレーニング」、是非、お試し下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。